100秒一本勝負! in はてなブログ

現代人の知りたい情報を100秒で解説するブログ

2022年7月8日の備忘録

おう。

「100秒一本勝負!」だ。

 

今回のお題は、とくになし。

 

ただしキーワードがある。

「銃」「事件」

あと、「政治」か?

 

~~~ ~~~ ~~~

なお、

この記事だけ読んでも、

「なんのことやら」わからないくらい、

具体名は極力出さないようにするが、

 

後日に補足として出すつもりもないので、

この記事が

何についてを言ってるのかわからない読者さんがいたら、

この日の報道を調べてみるといい。

たぶんすぐに分かる。

 

~~~ ~~~ ~~~

まず、

被害に遭われた方の無事と完全回復を祈る。

 

そして、

警備を責めないでやってほしい。

 

まさか、

ここ、日本で、

「銃による襲撃」なんて

起こるとは、

 

可能性としてはあっても、

具体的な対策までは

そこまで重点的にはしないだろう。

 

なぜか、って?

 

警備する人たちにも

給金を払う必要があるんだぞ?

 

基本、

「安全性の高い国」なら、

この辺の予算を切り詰めて

他に回すことができる。

世の中、その分潤うわけだ。

(そんな安全な国、

 世界を探してもほとんどないと思うが。

 

 銃刀法、ってありがたいものなんだな。)

 

~~~ ~~~ ~~~

だが、

「こういう事件」が起こってしまったことで、

今後は、

「警備費」を増やして、

具体的に警備をする必要が出てきた。

 

~~~ ~~~ ~~~

もし、

仮の話なのだが、

 

今回の事件が

「貧困」が原因で、

この人物を襲撃することで「貧困」が解消される、

という動機だったとしたら、

 

今回の事件で引き起こされる「結果」は、

この事件により、

それまで「低予算」で済んでいた「警備費」に

予算を回さねばならなくなってしまった、ということだ。

 

この予算がどこから出るのか、って?

おれたちの払う「税金」に決まってるだろ!

 

~~~ ~~~ ~~~

もし犯人が

同じように税金を払う立場の人間で、

「貧困」を解決したい、と思って

この事件を起こしたとしていたら、

 

これにより、

「税金」がより多くかかるようになり、

より「貧困」になるわけだ。 皮肉なもんだな・・・。

 

夏の怪談をイメージして、かなり前に描いたこわいおばけだが、怖い話はフィクションの中に留めておきたいものだ

 

世の中、

良くしたい、というのなら、

「建設的」、「平和的」な手法を取るべきだ。

(ただし、

 時間がかかることも多いし、

 なかなか成果も出ないことも多い。

 

 それでもこっちを選べ。)

 

「短絡的」、「破壊的」な方法は、

やったら、むしろ逆効果なので、やめておけ。

(すぐに

 わかりやすい結果が出るだろうが、

 

 意図した方向と逆の結果にしかならんぞ。)

 

 

と、いうことだな。

では! また次回!

(今回の話が「怖い話第九話」になる。)

yoyrz8oooooo.hatenablog.com

 

 

 

 

※下にランキング用のバナーがあるが

 ランキングには興味がないので

 クリックしないように。


日記・雑談ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村